ハゲはまず皮膚科に行くべき 脂漏性皮膚炎の可能性 抜け毛、頭皮のかゆみとかぶれ

抜け毛にも多様な理由があります。例え男性のハゲであっても、その全てがAGA(男性型脱毛症)に起因しているわけではありません。特に頭皮が赤らんでいたりかぶれたりといった症状がある場合には「脂漏性皮膚炎」の疑いがあります。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎の症状は、大きなフケが落ちる、赤くかぶれる、かゆみなどがあり、ひどくなると抜け毛に繋がることもあるようです。治療法は抗菌ローションを塗るなど、一般的な抜け毛の対策とは全く別のアプローチになります。AGAと思い込んでリアップなどの育毛剤を不毛に塗り続けては症状が重くなってしまう可能性もあるので、思い当たるハゲのかたは一度皮膚科を受診した方がいいかもしれません。

昔と違って今は皮膚科もハゲ科といっても過言ではないぐらいきちんと話を聞いてくれます。既にそういう患者さんも多いので、医者や看護婦さんも陰で笑うこともありません。恥ずかしがらずにまずは病院で相談しましょう。

ちなみにこの病気の原因はカビやホルモンバランスの乱れ、ビタミンBの不足、精神的ストレス、肉体的ストレスなど様々です。健全な生活習慣を心がけましょう。

対策は?

洗いすぎや、逆に洗顔やシャンプーの洗い残しもよくありません。今のところはカビが一番大きな理由だと見られています。

脂漏性皮膚炎におびえるネットの反応

フケの量には注視した方が良さそうです。一般的には皮膚科とAGAクリニックは水と油の存在です。皮膚科は健康の観点で医学的見地から抜け毛の原因を特定、治療するのに対し、AGAクリニックには治療という概念がないので、脂漏性皮膚炎という原因にはたどり着くことは少ないでしょう。

料金的には当然保険治療が適用される病院のほうが安上がりです。どちらも受診したいのであれば病院⇒AGAクリニックの順がベターです。

AGAと脂漏性皮膚炎の併発も

皮膚科で脂漏性皮膚炎と診断され、なんだ自分は男性型のハゲじゃなくて、ただ皮膚の一時的なトラブルで抜け毛が増えていただけなんだと安心してはいけません。AGAと脂漏性皮膚炎の併発も普通にあり得ます。ぬか喜びは精神的ダメージが大きいので、本当に喜ぶのは本当に抜け毛が止まってからにしましょう。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。